借金地獄,ギャンブル依存症,多重債務,脱出
今の枯れ男が欲しいもの。それは、あなたの応援です→banner_03.gif
今日も応援ありがとうございます。初めてのかたはここもご覧ください。
「ギャンブルをやめたい」「借金で悩んでいる」なら、お気軽にコメントを。ブログをお持ちならURL残して頂ければ。
物質的な応援はできませんが、あなたのブログへ応援に伺います。共によき未来を目指しましょう!
借金をしてギャンブルをしてしまう人と家族のかたへ
枯れ男の現在日記

初めての借金|初めてのクレジットカード

初めての借金|初めてのクレジットカード

貯金なんて考えない生活が続いていた。子供のころからのお金に対する観念の中に貯金をすることがなかったので、当然の流れかもしれない。
社会人2年目となったときに、来年には自分のクルマが持てる。ということで社内積立の額を増やして幾らかの貯金を始めた。車が欲しいという目的が貯金をさせたのである。

とはいうものの、パチンコ主体の生活は相変わらずで、生活に足りない分は社内積立をおろすので、車を買うために貯金が大幅に増えることは無かった。

車の購入を真剣に考えれば考えるほど、金の無いことが腹立たしくなってくる。
駄目元で親父に話してみたら、50万は貸してくれる、と。
欲しい車は新車のS13。なんとか社内積立で50万はあったので、合わせて100万を頭金にローンを組んだ。
初めての借金である。これまで浪費はしていたものの「借金」はしたことが無かった。
車を買うときにもっと貯金をしなかったことを後悔したが、思ったのはその時だけ。

車の購入で金が無い。成人式を間近に控え、スーツが欲しい。ブランド物のスーツが欲しかったのだ。
買うのを我慢するか安いスーツにするのが普通じゃないかと今更ながら思う。
我慢をすること、過去に我慢をした経験も少ない枯れ男だった。
そんな枯れ男が作ったもの、スーツを買うにあたって作ったものがクレジットカード。初めてのクレジットカードである。
この頃、コンポも確かローンで買った。
月々の借金返済はこの時点で5万円前後だったかな。それでも毎月の給料で返済できるから大丈夫とこのときは思っていた。

ローンの返済におわれた貧乏な生活が始まった。
それでも生活は変わらない。相変わらず、ヒマさえあればパチンコ・パチスロ三昧の日々。
決して生活を改めようとしていない自分がいた。それどころか浪費は加速の一途を辿っていくのであった。


枯れ男の借金とギャンブルの暴露はこれが加速のスイッチ→banner_03.gif
応援ありがとうございました。
借金地獄「ギャンブル依存症」からの脱出|多重債務者の足跡

posted by 枯れ男|2006年10月06日 | Comment(1) | TrackBack(0) | 借金生活(初期)
この記事へのコメント
クレジットカードは、便利です。
ポイントも貯まります。

しかし、クレジットカードは、
お金を使うようにメカニズムされています。

金銭感覚を麻痺させる第一歩は、
クレジットカードを持つことです。

どうしても、必要なとき以外、
クレジットカードの利用は控える事が、
平和な日常への第一歩です。

三井住友カードローンのCMで
中山エミリが言っています
「今月は、結婚式がこれで3件目、
 でも収入は毎月変わらず」と。
このCMの趣旨は、
お金が足りないときは、
キャッシングしてその場をしのぎましょうというものです。

明らかに、間違っています。
お金がないなら、収入に見合った
分相応な生活をする。
これが正解です。

毎月の収入をカードの返済に充てる
そんな生活を強いるメカニズムが
クレジットカードです。

中山エミリさんは、悪気はないはずですが、
「恥を知れ」というのが率直な感想です。

リボ払いがかさみ、
負債が50万円を超えた時、
毎月1万円の定額返済の元本返済額は、
おそらく2000円程度です。
残りはすべて利息の返済に充てられます。
50万円のリボ払いを50ヶ月続けたら
完済ではありません。
実際に払い続ける額は最終的に100万円近くなるはずです。

クレジットカードは、破滅への1歩です。
本当に計画的に利用する強い意思がない限り、
持たないことが平和な生活をする秘訣です。
Posted by とおりすがりの法曹 at 2012年05月29日 15:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。