借金地獄,ギャンブル依存症,多重債務,脱出
今の枯れ男が欲しいもの。それは、あなたの応援です→banner_03.gif
今日も応援ありがとうございます。初めてのかたはここもご覧ください。
「ギャンブルをやめたい」「借金で悩んでいる」なら、お気軽にコメントを。ブログをお持ちならURL残して頂ければ。
物質的な応援はできませんが、あなたのブログへ応援に伺います。共によき未来を目指しましょう!
借金をしてギャンブルをしてしまう人と家族のかたへ
枯れ男の現在日記

借金は減ってもギャンブルへの姿勢は変わらない

借金は減ってもギャンブルへの姿勢は変わらない

第一章の借金生活編では「浪費」そして「ギャンブル」による借金が自分を苦しめ、消費者金融の借金を両親に肩代わりしてもらうことで幕を閉じました。

しかし、借金の全部が無くなったのではなく、引き続き借金があることに変わりが無い枯れ男の借金物語は、まだ終わることなく続きます。

それでは第二章「続・借金生活編」をスタートします。
枯れ男の展開、如何なるものぞ。


時は平成9年の3月、消費者金融などの借金を両親に肩代わりしてもらった枯れ男。

残っていた借金の銀行カードローンも順調に減ってきた。急速ではないが、以前のように返済してすぐ借りるという繰り返しがなくなったので。
銀行カードローンは消費者金融と比べると利息は当然低いので、定額の返済でも元金の減るスピードが違うのである。

会社の給料も残業を含めると手取りで20万弱だったので金銭的にも若干の余裕がでるようになったのもこの頃である。

数ヶ月はパチンコから遠ざかっていたが、日頃の楽しみがパチンコであった枯れ男は時々パチンコ店へまたしてもいくようになった。
借金しなけりゃいいだろう。銀行のカードローン返済なら以前と比べると楽勝だから。

何が変わった?借金の額だけ?
ギャンブルに対しての姿勢は何も変わっていない枯れ男だった。

競馬のほうも、日刊スポーツを使った予想馬券本からますます機械的な手法に拘りを強めていった。
どこかにプラスにできる方法はあるはず。
勝てる方法を見つけたら、今までの借金以上に儲けることができる。

勘違いも甚だしい。勝てるという思い込みでギャンブルをしている自分を正当化していた。
かろうじて、借金を増やさないで凌いでいたのが正直なところ。

そんな生活を続けていたものの、彼女との結婚も話が進んでいた。
結婚を考えているなら、余裕があるなら借金を少しでも多く返済しなければならないのに。

彼女も借金が残っているのは知っていた。枯れ男が真面目に返していることを信じて。

【振り返ってみて】
借金を肩代わりしてもらい、見かけ上は借金問題が解決の方向に進んでいる。
しかし、借金の原因であるギャンブルについての姿勢が根本的に変わっていない。
借金を真面目に考えているなら、余裕があるときは完済のために多く返済しなければならないのであって。
どこかにまだギャンブルを優先する心があった。ギャンブルに依存していることに自分が気付いていない。
また、借金を肩代わりすることは共依存という新たな依存の問題も発生するのである。


枯れ男の借金とギャンブルの暴露はこれが加速のスイッチ→banner_03.gif
応援ありがとうございました。
借金地獄「ギャンブル依存症」からの脱出|多重債務者の足跡

posted by 枯れ男|2006年11月01日 | Comment(2) | TrackBack(0) | 続・借金生活(借金安定期)
この記事へのコメント
10年前のパチンコ…
まだアレパチ残ってたかな?!
CR機もいろいろ出始め、世間様では3兆円産業って呼ばれていたような…
とにかくギャンブル性が強い機種が次から次へと…
変な夢を見てしまうんですねぇ…恐ろしいことに。
Posted by Nightfly67 at 2006年11月02日 00:13
アレパチが消滅する頃だったと思います。
ソルジャーで30万両替したのもこの頃だったかな。
いや、もう少し前かも。
5時間爆連しました。2.5円交換でこの両替でした。
Posted by 枯れ男@管理人 at 2006年11月02日 21:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。