借金地獄,ギャンブル依存症,多重債務,脱出
今の枯れ男が欲しいもの。それは、あなたの応援です→banner_03.gif
今日も応援ありがとうございます。初めてのかたはここもご覧ください。
「ギャンブルをやめたい」「借金で悩んでいる」なら、お気軽にコメントを。ブログをお持ちならURL残して頂ければ。
物質的な応援はできませんが、あなたのブログへ応援に伺います。共によき未来を目指しましょう!
借金をしてギャンブルをしてしまう人と家族のかたへ
枯れ男の現在日記

ギャンブル依存症の本質|なぜギャンブル依存は完治しない

ギャンブル依存症の本質|なぜギャンブル依存は完治しない

自分とギャンブル依存について、少しだけ現在日記である「人生再生決死隊!」のブログで書いてみた。

以前、医師の診察を受けたときに、借金をしてギャンブルをするのは「ギャンブル依存症」と宣告をされたことがある。
医師の宣告なので自分は「ギャンブル依存症」であったことに変わりはないと思うのであるが。

「ギャンブル依存は完治しない」「治療できない」「GAに通って再発をいかにおさえるか」ということを話として受けたのである。
かれこれ半年前のことだ。

借金をしてまでのギャンブル行為をしていた自分の愚かさに気付いてから、ギャンブルに手を出すことなく生活できているし、ギャンブルをしないことが心の病を引き起こす原因にはなっていない。
いたって健全な生活ができているのだ。
借金と家族の問題は抱えているけど、これは人生再生の課題だから。

完治しないのがギャンブル依存症ならば、自分は本当にギャンブル依存症なのか?
依存の本質というか、依存はなぜ完治しないといわれるのか考えてみた。
自身の体験によるものなのでギャンブルに特化していること、好ましくない表現があるかもしれないことをご理解いただきたい。

借金をしてギャンブルをすることはギャンブル依存である証拠。
これはある意味極端な表現かもしれない。
元来、強弱はあれども「依存気質」は誰しもがもっているものと思うのであり、依存心をコントロールできないことが依存症といわれるものではないだろうか。

借金をしてとはいうが、借金がなくともギャンブル依存は成立すると思う。
この判断は、他人に迷惑を及ぼしているか否かじゃないかと。

自身のギャンブル行為が他人に迷惑を及ぼしている場合、必ず迷惑を被っている人から何らかの形でサインがある。
身近な人ほどそのサインは強いはず。自分も再三カミサンや両親からそのサインを受けていた。
にもかかわらず、ギャンブルを止めることができなかった自分がいた。
「うるせえなぁ。必ず儲かるんだから黙ってろ」という具合。

この時点ではギャンブラーがギャンブルに依存していることに気付いていないんですよ。
ギャンブルをすることが自分の日常だから、依存もへったくれもあったものじゃないので。
あの人はギャンブル依存症なんだと、本人より周囲がギャンブルを止めさせるのに懸命だったりもするのだ。

自身のギャンブル行為に他人が発しているサインを受け止めることができているなら、何かを犠牲にしてギャンブルをすることは無いだろう。
サインが出ること自体、何かが犠牲になり始めている、すでに犠牲になっているワケですから。

そこで、自分がギャンブルに依存していたことに気付き、あくまで自発的にギャンブルを止めることがギャンブル依存との決別になるんじゃないかと。
自発的に止めようと決断した人は思うほど苦労しないで離れることができると自分は思いますよ。自分がそうだから。

少しでも他人に抑制され、他人の意思が入り混じり、自身が完全に納得しないままギャンブルを止めることが再発の種となって残るのではと思うフシがある。
完全にうちのめされていない、ギャンブルにKO負けしていないから、再び立ち上がっちゃうんだろう。

確かに一種のコントロール障害だから、病気であることには違いない。
だけど、自身がギャンブル依存症と気付き、ギャンブルを止めようと思ってもギャンブルをしてしまうということは、ギャンブルに対して未練があるというか、依存にかまけた自分の甘さが故の「確信犯的行為」ではないかと。
ギャンブル依存症と自覚してギャンブルを止めようと思った時点で、ギャンブル依存進行形ではなく依存していた患者になるから。

自身の依存に気付いたうえで、それでもギャンブルを止めずに上手につきあおうとする人もいる。

やるやらないは、あくまで本人の意志なので、無意識のうちにギャンブルをしてしまうことは決してない。
止めたくてもギャンブルをやろうとする意志があるからギャンブルをやっちゃうんだよね。
それでも意志とは無関係だと思いますか(笑)

本気で依存と戦ってギャンブルを止めようとするなら、「自分はギャンブル依存症でした」と必然的に過去形になるような気がしてならんのです。
脳内麻薬も関連するから辛いのは当然。でも解決策は脳内麻薬と戦うしかないんだな。

ギャンブル依存が完治しないといわれる所以はこんなところかな。

結局、自身のギャンブル依存と戦うのは本人以外誰もいないから。
他人に迷惑がなければギャンブルはOKと思いますよ。自己責任だからね。

あなたにとってギャンブルとは何ですか?胸をはって「娯楽」と答えることができますか?
残念ながら自分はできません。
今の自分にとって、ギャンブルから得るものは何もありません。
以前、ギャンブルは自分にとって「お金」を生み出すものと思っており、日常の一部でした。
どうやらそれは自分が勝手に創った絵空事のようです。
もちろんギャンブルを娯楽と思ったことは一度もありません。
娯楽と答えることができる人は、ギャンブルに依存することなく支配されずにお付き合いができると思います。

さてさて、過去の日記を暴露するだけでは「手抜き」である、と自分自身が思ってからここの更新が停滞してしまった感。
その分、現在日記に力をいれている。というか、現在日記だけで手一杯なことが本当の理由なんだけど。
先日、現在日記にてギャンブル依存に少しふれたので、現在の自身におけるギャンブル依存に対する考えを綴ってみました。
そんな自分は今、ネット・ブログに依存しているかもしれないな(笑)
今後もこちらの更新は不定期でしばらくは頻度も低いと思いますが、よろです。


枯れ男の借金とギャンブルの暴露はこれが加速のスイッチ→banner_03.gif
応援ありがとうございました。
借金地獄「ギャンブル依存症」からの脱出|多重債務者の足跡

posted by 枯れ男|2007年01月17日 | Comment(7) | TrackBack(0) | ギャンブル依存症
この記事へのコメント
やって参りました。

僕も最近、裏ブログをつけ始めましたよ。

HNも「人生やり直す前」

過去と現在の自分、見つめ直すのも良い機会です。。

決して、気持ちの良い物ではない過去ですけどね!

☆☆☆☆☆
Posted by 人生やり直す前 at 2007年01月18日 01:04
枯れ男さん、こんばんは。
久しぶりですねぇ、このHN(笑)。

最近、あちこちで「依存症」がらみのネタが増えてる気がするのは自分だけ?
という訳で、自分も足洗って久しいので「本当に依存症だったのか?」疑問ですけど、最近は依存の対象がブログに代わってるって事のようです。

ギャンブル依存は病気か本人意志かって事ですが、個人的には併せ技だと思います。

引き金引くのは、やはり本人の意思。
で、実際打ち出したら止まらなくなるのは病気って感じでしょうか?

人間誰しも依存傾向は持ってるようですので嗜む分には問題ないけど、溺れてしまうのが依存症っていう分類も有りかと。

自分も同じく「ギャンブルを娯楽」と捉える事ができてたのは遠い昔の話。
そもそも「借金返済の原資獲得」という金儲けの手段と考えたのも同様ですが大きな勘違いと気づいた次第。

犠牲にする物も大き過ぎて割が合わないと感じる昨今です。
Posted by mpapa at 2007年01月18日 01:34
鬱病や分裂病は、社会で普通に生活できなくなって、初めて病気と診断されるのでしょう。
ほとんどの人間は、どちらかの気質を持っています。
本文に書かれているように、ギャンブル依存も、不都合が出た場合のみ、そう診断されるのだと思います。
借金をした、家族に申し訳ない、そんな後ろめたさが、症状を進めているように思えます。
スポーツをしていても、難しいパズルを解いたときも、エッチをしたときもドーパミンなんて出ているもでしょう。
ギャンブル依存にドーパミンが関係しているなんて情報は、不必要だなぁ・・・と、思ったりしています。
今は、あまり理解できていませんが、少しずつ考えたいと思います。
Posted by cheese at 2007年01月18日 23:40
相互リンクのお願いです。
リンクさせて頂きました。
よろしければ相互リンクを
お願いしたいのですが?
私はギャンブルに狂った
弟にかなり振り回されました。
その時の事をサイトに書いています。
http://okozukai.moo.jp/

是非見てください。
Posted by 家族の借金 at 2007年01月29日 22:00
本当にすみません。
完全にここほったらかしにしてました。

>人生やり直す前さん
過去を見つめなおして前向きに。これ最強。
決して過去の醜態を忘れることなく、これからに活かすことができればです。
ガンバっす。

>mpapaさん
今、滝汗です。。。orz
久々更新でその後も放置で。。。

犠牲にした「大切なもの」が完全に失うことのないように、お互いに。
今は激イソのお仕事、頑張って!

>cheese姐さん
アクセスたくさん貰っているのに放置してすみません。
あうー
自分もドーパミンは関係していても、自分次第なんだと今は思っています。
ギャンブル依存だからと逃げるのは良くないことですから。

>家族の借金さん
こんばんは。
長期放置で相互リンクのお願いを無視した格好になってしまい、大変申し訳ありませんでした。
今更ながらではありますが、これからリンクを設置いたします。

自分のメインブログからもリンクを設置させて頂きますのでお許しを願えれば。

弟さんの経歴?を後日伺いに参ります。
今後ともよろしくお願いします。

Posted by 枯れ男@管理人 at 2007年03月13日 00:48
完治しないんじゃなくて治療法を見つけられないだけだ。
どんな治らない病気でも治療法が見つかっていないだけで直らないわけではない。
Posted by at 2010年05月13日 13:15
結論からいうと、完治は可能です。

ただ、根っこを残したヤブ医者治療だと再発の可能性大という事です。
名医を見つけられないだけですよ。

実際に、私も完治しましたし。
どちらの医者も、自分の中に存在しています。

治療の仕方は、完治して過去を振り返ると、単純明快で不思議なものでした。散々こねた理屈は必要ありませんでした。

今でも信じられません。
ただ、単に禁パチをしてパチ屋に行かないという行為は、完治には関係ないという事が言えます。
これだけははっきり言えます。

私のやり方はここでは書きませんが、完治は可能です。
Posted by 歴九年の元依存症 at 2013年06月11日 11:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。