借金地獄,ギャンブル依存症,多重債務,脱出
今の枯れ男が欲しいもの。それは、あなたの応援です→banner_03.gif
今日も応援ありがとうございます。初めてのかたはここもご覧ください。
「ギャンブルをやめたい」「借金で悩んでいる」なら、お気軽にコメントを。ブログをお持ちならURL残して頂ければ。
物質的な応援はできませんが、あなたのブログへ応援に伺います。共によき未来を目指しましょう!
借金をしてギャンブルをしてしまう人と家族のかたへ
枯れ男の現在日記

初めての借金|初めてのクレジットカード

初めての借金|初めてのクレジットカード

貯金なんて考えない生活が続いていた。子供のころからのお金に対する観念の中に貯金をすることがなかったので、当然の流れかもしれない。
社会人2年目となったときに、来年には自分のクルマが持てる。ということで社内積立の額を増やして幾らかの貯金を始めた。車が欲しいという目的が貯金をさせたのである。

とはいうものの、パチンコ主体の生活は相変わらずで、生活に足りない分は社内積立をおろすので、車を買うために貯金が大幅に増えることは無かった。

車の購入を真剣に考えれば考えるほど、金の無いことが腹立たしくなってくる。
駄目元で親父に話してみたら、50万は貸してくれる、と。
欲しい車は新車のS13。なんとか社内積立で50万はあったので、合わせて100万を頭金にローンを組んだ。
初めての借金である。これまで浪費はしていたものの「借金」はしたことが無かった。
車を買うときにもっと貯金をしなかったことを後悔したが、思ったのはその時だけ。

車の購入で金が無い。成人式を間近に控え、スーツが欲しい。ブランド物のスーツが欲しかったのだ。
買うのを我慢するか安いスーツにするのが普通じゃないかと今更ながら思う。
我慢をすること、過去に我慢をした経験も少ない枯れ男だった。
そんな枯れ男が作ったもの、スーツを買うにあたって作ったものがクレジットカード。初めてのクレジットカードである。
この頃、コンポも確かローンで買った。
月々の借金返済はこの時点で5万円前後だったかな。それでも毎月の給料で返済できるから大丈夫とこのときは思っていた。

ローンの返済におわれた貧乏な生活が始まった。
それでも生活は変わらない。相変わらず、ヒマさえあればパチンコ・パチスロ三昧の日々。
決して生活を改めようとしていない自分がいた。それどころか浪費は加速の一途を辿っていくのであった。


枯れ男の借金とギャンブルの暴露はこれが加速のスイッチ→banner_03.gif
応援ありがとうございました。
借金地獄「ギャンブル依存症」からの脱出|多重債務者の足跡

posted by 枯れ男|2006年10月06日 | Comment(1) | TrackBack(0) | 借金生活(初期)

初めてのキャッシング|生活費が足りない穴埋めはキャッシング

初めてのキャッシング|生活費が足りない穴埋めはキャッシング

相変わらずの生活をしていた枯れ男であるが、車を持つことは金がかかる。
車を買ったばかりの当時はうれしいこともあり、隣に乗せる彼女との付き合いもあり。
通勤に車は使っていなかったが、ガソリン代は月平均で3万円以上は平気で使っていた。

当時(平成始め)の給料は、手取りが10万円台前半と記憶している。そこから車のローンやクレジットカードの利用代金、ガソリン代、彼女とのデート代を捻出し、パチンコ、そして酒飲みをしていれば、あっという間に金は無くなる。

生活費にも困ることが多くなった。パチンコで負ければ同僚から金を借りることもあった。
給料日で返していたので金銭的にトラブルには至らなかったが。
この時点ではまだ「消費者金融」に手を出すことはなかった。絶対、消費者金融からは借金しないという信念もあった。

ある日、クレジットカードの利用明細を見ていて、クレジットカードで借金ができる「キャッシング」に気付いてしまった。
これで同僚から借金しなくて済む。そのキャッシングは一括払いであったが、生活費が足りないときはキャッシングをしながらの生活が始まったのだ。

生活費抑える努力しろよ、俺。
ついに借金をしてパチンコをした枯れ男。ギャンブル依存は枯れ男を着実に蝕み始めた。
さらに浪費と借金は加速します。

枯れ男の借金とギャンブルの暴露はこれが加速のスイッチ→banner_03.gif
応援ありがとうございました。
借金地獄「ギャンブル依存症」からの脱出|多重債務者の足跡

posted by 枯れ男|2006年10月06日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金生活(初期)

キャッシングの返済を新たな借金「カードローン」で

キャッシングの返済を新たな借金「カードローン」で

生活費が足りないときはクレジットカードの「キャッシング」で穴埋めしていた枯れ男です。
そんな状況下においても、パチンコ、パチスロ通いが続く。

平成始めの頃はパチスロが裏モノ全盛期。爆裂連チャンで大勝ちすることもあった。
大負けすることのほうが、圧倒的に多いのだが。

射幸心を煽るということで規制にはなったのだが、「楽して遊んで稼げたら」という方程式が頭を支配しているのでパチスロに使う金も増加の一途。

可能性の低い爆裂を求めて。大勝ちするために使う金は、累積すると一時の勝ち分より多いのに。

以前にも増してパチスロにお金を使う。キャッシングも利用限度額の10万に達することがしばしば。
一括払いなので次回の返済がパンクする。月々の給料手取りが10万台前半なのに。

そういえば、会社の労働組合で労働金庫カードローンのキャンペーンをしていたな。

借りた金を借金で返すことを考え始めた。
早速、労働金庫のカードローンを申込んだ管理人。利用は50万円まで認められた。
キャッシングの返済はそのカードローンから。
月々の返済は1万円。ボーナス時に加算はあったが。

生活を改めないから、借金は増える一方。ろうきんのカードローンも限度額に達するまでそんなに時間はかからなかった。

時は「バブル経済」の真っ只中。
属性のいいサラリーマンである管理人は、銀行カードローンの申込みがことごとくパスすることができた。
生活に困れば新たにカードローンを作ることを重ねたのだ。
メインバンクのD銀行に30万円、同僚A君の彼女がT銀行に勤めていたこともあり、そちらを介して50万円が限度額のローンカードを持つことに成功。
仕事柄、付き合いのあったH信用金庫とサブ口座のF銀行にそれぞれ30万円と。

作れるときに作っておけといわんばかりに、機会があれば銀行のローンカードを作った枯れ男であった。

枯れ男の借金とギャンブルの暴露はこれが加速のスイッチ→banner_03.gif
応援ありがとうございました。
借金地獄「ギャンブル依存症」からの脱出|多重債務者の足跡

posted by 枯れ男|2006年10月07日 | Comment(3) | TrackBack(0) | 借金生活(初期)

銀行カードローン全てが利用限度額に

銀行カードローン全てが利用限度額に

銀行のカードローン全てが利用限度額に達したのは確か平成3年の頃。
銀行関係のカードローンだけで5件、総額190万円の借金である。カードローンだけで月々の返済は合計4万5千円となった。このうち利息は1万8千円弱。
さすがにこれはまずいと思い、新たな借入れを増やすことはとりあえず止まった。

この時で毎月の手取りは15万弱。カードローンと車のローン、ガソリン代を引くと、手元に残るお金は5万円。
そこから寮費の2万を払うと3万が自由にできるお金である。

カードローンは返済したらまた千円単位で限度額まで使うので、手元のお金はその分が加算されてたと思う。借金含みだけど

借金の元金は減らずに利息だけの返済生活。急な出費があると破綻しかねない経済状況だった。
ボーナスを借金の返済にあてれば、この時点で借金はある程度解消できたのかもしれない。

でも、ボーナスは遊興費にまわすことで日々の生活を凌いでいたのが事実だった。

今でも鮮明に覚えていることがある。
叔父が何かの事業を始めようとして、知人に騙され借金をすることになったと思う。
叔父が今まで勤務していた会社を辞めてからなので、扱い上は無職か自営業のはず。
収入が無いのだから、叔父は借金をすることもできない。

叔父から「代わりに消費者金融から金借りてくれ、迷惑はかけない」という電話が職場に。
なんとか諭して持ち合わせの金10万円を貸した。
まだこの時点では、消費者金融から借金をすることは頑なに拒む自分があったのだ。

この時に貸した金は今だ戻っていない。生活保護を受けている叔父からはもう戻るアテの無い金である。


さて、今回から借金などの過去の経緯を書くだけではなく、過去を振り返って今だからこそ思えることを追記していきます。
それでは今回の【今、振り返ってみて】新たな試みです。よろしくお願いします。

続きを読む

枯れ男の借金とギャンブルの暴露はこれが加速のスイッチ→banner_03.gif
応援ありがとうございました。
借金地獄「ギャンブル依存症」からの脱出|多重債務者の足跡

posted by 枯れ男|2006年10月08日 | Comment(2) | TrackBack(0) | 借金生活(初期)

彼女との別れ|彼女に経済的な負担が

彼女との別れ|彼女に経済的な負担が

銀行カードローンが限度額に張り付いた頃、枯れ男には「結婚」を意識する彼女がいた。
また、この頃、スーパークリークや武豊のスターが競馬界に現れ、競馬も空前のブームとなる。

この彼女とは競馬場にも一緒に行った。その時は競馬場まで遠かったこともあり、ギャンブルとして競馬にのめり込んでいたワケでは無かった。

彼女にはギャンブラーとしての裏の顔は隠していたが、馬券を買う姿、レースを見る姿にギャンブラーとしての鬼気迫るものを彼女はこの時感じたらしい。
別れた原因の一つでもある。

別れを決定的にしたであろうと思う原因は別にある。
寮住まいであった枯れ男であったが、彼女はアパートを借りていた。彼女のアパートに行くことが多くなり、半同棲の生活が。

しかし、生活費を負担できる経済状況ではなかった枯れ男。経済的に余裕があれば違ったと思う。
枯れ男が転がり込むことにより、彼女の経済負担は切迫したものになっていたのだ。
いつしかお互い精神的にも余裕が無くなり、破局を迎えたのであった。

借金があることを彼女に隠していた枯れ男。なぜこの人は勤めているのにお金を出してくれないの?
絶対そう思っていただろうな。口にはださなかったが。
「嫌いになった」の一言で別れを告げられた枯れ男でありました。

寮住まい時代の最後の彼女との別れの思い出でした。原因は借金とギャンブルです。

【今、振り返ってみて】続きを読む

枯れ男の借金とギャンブルの暴露はこれが加速のスイッチ→banner_03.gif
応援ありがとうございました。
借金地獄「ギャンブル依存症」からの脱出|多重債務者の足跡

posted by 枯れ男|2006年10月09日 | Comment(0) | TrackBack(0) | 借金生活(初期)

借金がさまたげた恋愛|借金の原因はギャンブルだから

借金がさまたげた恋愛|借金の原因はギャンブルだから

借金が原因で彼女と別れた後、合コンで「いいなあ〜」と思う女の子はいた。
数ヶ月間、恋人同士に近いような付き合いをしていた。その子には別れていない彼氏はいたものの、かなりの遠距離恋愛。
枯れ男が入り込む隙間はあったのだが。

結局、その子とは友達以上恋人未満でそれ以上の発展はなかった。
自分が一歩踏み出せば、状況は変わったかもしれない。

一歩踏み出せなかったのは、枯れ男に借金があったから。
説明できる理由の借金ならまだしも、枯れ男の借金の原因は「ギャンブル」なので言えるわけない。

さてさて、その彼女は某信用金庫に勤めていた。
枯れ男の経済状況を調べることは簡単である。個人情報の問題もあるかもしれないけど。

自分でも、前の彼女と別れた原因が経済的理由だということを薄々感じていたこともあったと思う。

いずれにせよ、借金があることはいろいろな事に影響を及ぼすワケで。
計画性のある借金、自動車ローンや住宅ローンなら問題は無いだろう。
ここで枯れ男がいう借金とは「ギャンブルによる借金」のこと。

この時の数ヶ月は、この子のおかげでパチンコ通いが全く無かった。
もしかすると、本当に好きだったかもしれないな。好きだったからこそ、自分の借金で迷惑をかけたくなかった枯れ男だったのだろう。
平成3年の暮れから、平成4年の夏にかけてのこと。その彼女と会わなくなったのは自分が転勤したこともある。いつしか自然に会わなくなりました。

ちなみに、この時の合コンから結婚したカップルが3組。
合コンで「枯れ男さんっていい人だよね〜でも」と言われ。合コンの首謀者は枯れ男でしたけど。
でも」の後は言及しなかったが、気になる一言だよね。

【今、振り返ってみて】
続きを読む

枯れ男の借金とギャンブルの暴露はこれが加速のスイッチ→banner_03.gif
応援ありがとうございました。
借金地獄「ギャンブル依存症」からの脱出|多重債務者の足跡

posted by 枯れ男|2006年10月10日 | Comment(2) | TrackBack(0) | 借金生活(初期)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。