借金地獄,ギャンブル依存症,多重債務,脱出
今の枯れ男が欲しいもの。それは、あなたの応援です→banner_03.gif
今日も応援ありがとうございます。初めてのかたはここもご覧ください。
「ギャンブルをやめたい」「借金で悩んでいる」なら、お気軽にコメントを。ブログをお持ちならURL残して頂ければ。
物質的な応援はできませんが、あなたのブログへ応援に伺います。共によき未来を目指しましょう!
借金をしてギャンブルをしてしまう人と家族のかたへ
枯れ男の現在日記

借金は減ってもギャンブルへの姿勢は変わらない

借金は減ってもギャンブルへの姿勢は変わらない

第一章の借金生活編では「浪費」そして「ギャンブル」による借金が自分を苦しめ、消費者金融の借金を両親に肩代わりしてもらうことで幕を閉じました。

しかし、借金の全部が無くなったのではなく、引き続き借金があることに変わりが無い枯れ男の借金物語は、まだ終わることなく続きます。

それでは第二章「続・借金生活編」をスタートします。
枯れ男の展開、如何なるものぞ。


時は平成9年の3月、消費者金融などの借金を両親に肩代わりしてもらった枯れ男。

残っていた借金の銀行カードローンも順調に減ってきた。急速ではないが、以前のように返済してすぐ借りるという繰り返しがなくなったので。
銀行カードローンは消費者金融と比べると利息は当然低いので、定額の返済でも元金の減るスピードが違うのである。

会社の給料も残業を含めると手取りで20万弱だったので金銭的にも若干の余裕がでるようになったのもこの頃である。

数ヶ月はパチンコから遠ざかっていたが、日頃の楽しみがパチンコであった枯れ男は時々パチンコ店へまたしてもいくようになった。
借金しなけりゃいいだろう。銀行のカードローン返済なら以前と比べると楽勝だから。

何が変わった?借金の額だけ?
ギャンブルに対しての姿勢は何も変わっていない枯れ男だった。

競馬のほうも、日刊スポーツを使った予想馬券本からますます機械的な手法に拘りを強めていった。
どこかにプラスにできる方法はあるはず。
勝てる方法を見つけたら、今までの借金以上に儲けることができる。

勘違いも甚だしい。勝てるという思い込みでギャンブルをしている自分を正当化していた。
かろうじて、借金を増やさないで凌いでいたのが正直なところ。

そんな生活を続けていたものの、彼女との結婚も話が進んでいた。
結婚を考えているなら、余裕があるなら借金を少しでも多く返済しなければならないのに。

彼女も借金が残っているのは知っていた。枯れ男が真面目に返していることを信じて。

【振り返ってみて】
続きを読む


枯れ男の借金とギャンブルの暴露はこれが加速のスイッチ→banner_03.gif
応援ありがとうございました。
借金地獄「ギャンブル依存症」からの脱出|多重債務者の足跡

posted by 枯れ男|2006年11月01日 | Comment(2) | TrackBack(0) | 続・借金生活(借金安定期)

破滅的ギャンブルを控えた|結婚のために控えたパチンコ

破滅的ギャンブルを控えた|結婚のために控えたパチンコ

借金は一旦沈静化したものの、ギャンブル主体の生活を根本的に見直すことはなかった。
競馬やパチンコなどのギャンブルは完全にやめていなかったが、破滅的なギャンブル行為をしないよう心がけていた。

彼女との結婚話も進んでいたので、結婚の資金をどうしようか考えていたから。
でも、現実はお金がない。貯金どころか、銀行のカードローンが残っているのだ。

そんな状況で事態は急速に展開する。
彼女の弟が彼女より先に結婚することが決まった。
彼女の弟は同居することで考えているので、彼女自身、家に居ずらい状況かな、と感じるようになってきた。

その頃から、彼女は枯れ男の家で過ごすことが多くなり、半同棲のような生活がスタートしたのだ。
枯れ男の両親ともうまくやっていた。

自分達の結婚が決まるのに時間はかからなかった。
彼女の弟が結婚してから数ヶ月後、自分達はめでたく入籍したのであった。

今後の生活に金銭面で不安はあるものの、仕事を辞めなければ大丈夫だろう。
パチンコ通いは無くなったワケではないが、行くことの回数がめっきり減った。

行くときはカミサンと休日に一緒に短時間で。
余談だが、大工の源さんと相性の良かったカミサンでして。通算だとカミサンはパチンコとパチスロはプラス収支のはず。
これって運だと思う?

いや、運じゃなくて立ち回りというか。負けを潔く認めることができるから、決めたお金で出なければ帰ってくる。
負けても金額が少ないし、当たればでかいから。
自分はこれができないのでありまして。

パチンコ通いが少なくなった分、競馬をなんとか投資にできないか、投資競馬の方法はあるのかと、競馬に対する情熱が高まっていく枯れ男であった。

枯れ男の借金とギャンブルの暴露はこれが加速のスイッチ→banner_03.gif
応援ありがとうございました。
借金地獄「ギャンブル依存症」からの脱出|多重債務者の足跡

posted by 枯れ男|2006年11月03日 | Comment(5) | TrackBack(0) | 続・借金生活(借金安定期)

結婚のために借金を|貯金をしなかったことの後悔

結婚のために借金を|貯金をしなかったことの後悔

彼女と晴れて入籍したものの、結婚式はこれからであった。
指輪もそうだし、新婚旅行も考えているし、なにかとお金が必要になってくるのだ。

枯れ男が勤務している会社には「結婚」などの有事のときに低利で融資を受けることができる制度がある。
返済は給料天引きなので、滞る心配はない。
返済期間が5年で融資を受けられるのだから、月々の負担はそんなに高くはならないな。

ということで会社から結婚のために100万円融資を受けることに決めた。
今までの無計画な「ギャンブル」による借金では無いから、と自分に言い聞かせる枯れ男。

確かに計画的な借金といえばそうではあるが、結婚に対してお前は計画的だったのかと自分自身を問い詰めたい。
両親が口うるさく、「貯金をしろ」といっていたけど、貯金をしなかったことに後悔はここでも。

長男坊の枯れ男は、式の費用についてはある程度、家で負担することで話は進んでいった。
会社から借りたお金は指輪と旅行代でほとんどが消えた。いや、新婚旅行まで含めるとそれだけでは足りなかったので、ボーナスなどから充当して間に合わせようと考えていた。

結婚するにもお金がかかる。結婚に限らず、冠婚葬祭その他いろいろと今の世の中、有事があれば必ず出費はつき物であり。

カミサンと入籍してから、ある意味、本当に自分の経済問題に直面したかもしれない。
また、カミサンの母が体調を崩して入退院をしたのも自分達の入籍とほぼ同時期の出来事であった。

めまぐるしく、いろいろなことが自分のまわりで起きていた。
そのような中で、「なんとかなるさ」と楽観していた枯れ男がいたのも一つの事実である。

何事も、余力があったり、万事を尽くしたりした上での「なんとかなるさ」ならいいとは思うのだが。

枯れ男の借金とギャンブルの暴露はこれが加速のスイッチ→banner_03.gif
応援ありがとうございました。
借金地獄「ギャンブル依存症」からの脱出|多重債務者の足跡

posted by 枯れ男|2006年11月05日 | Comment(5) | TrackBack(0) | 続・借金生活(借金安定期)

その借金は何のために|競馬に対する思い込み

その借金は何のために|競馬に対する思い込み

結婚のために必要なお金を、会社の融資制度により工面した枯れ男。
正直なところ、それでもお金が不足していた。

いろいろ調べた結果、会社の労働組合でも結婚による融資が受けられることを知る。
会社からは100万円だったが、組合のほうは200万円まで可能である。

融資後の返済計画を真剣に考えず、直面していることの問題を解決するために、また己の欲望のために即決定したのは組合からも融資を受けること。

その頃、馬券のほうは「マーチンゲールの法則」をココモ式に近いような形で試験的に少額で買っていた。
馬券は馬連、競馬ブック本紙予想印の「本命馬」と「×印馬」だったかな?の組み合わせで。
試験的な結果では、わずかであるがプラスを保っていた。

「資金が多ければ大きく儲けることができるぞ!競馬は俺の新たな財源になる」
一旦そう思い込むと、その思い込みが正論となってしまう。

結婚のために不足していたお金はボーナスでなんとかなりそうな金額なのに。
組合からの融資は、競馬を財源と考えていた枯れ男が、結婚に乗じて競馬のために資金を確保したというのが目的だった。
この組合からの借金は、カミサンに内緒にした。返済は競馬で儲けたお金でできる。
返済できると信じていた。

ここから投資競馬が本格的にスタートした。馬券勝利の確固たる理論がないままで。
時々得ることのできる多額の払戻し。多額の払戻しを受けるまでに馬券に使うお金はその払戻しと同額かそれ以上だったかもしれない。
この時は具体的に収支を分析していなかった。
多額の払い戻しを受けるたびに、「この調子なら競馬で借金の返済はできそうだ」と感じてしまう枯れ男であった。

枯れ男の借金とギャンブルの暴露はこれが加速のスイッチ→banner_03.gif
応援ありがとうございました。
借金地獄「ギャンブル依存症」からの脱出|多重債務者の足跡

posted by 枯れ男|2006年11月07日 | Comment(5) | TrackBack(0) | 続・借金生活(借金安定期)

お金に対する欲望が全てを破壊|金の亡者の使命感

お金に対する欲望が全てを破壊|金の亡者の使命感

投資競馬を極めるために、週刊競馬ブックを毎週買っていた。
機械的な組み合わせ、例えば本紙予想印の組み合わせで、レースの結果から的中率と回収率を算出
して考えていった。
ある程度、形になったと判断した枯れ男は、またしても借金で借金の返済を賄うべく、不確定な根拠のままで馬券の購入金額を底上げしていった。

外出するときは携帯電話から馬券を買うので、通話料が月1万以上に膨れ上がった。
ARS方式で今みたいにIPATじゃなかったから、1回の投票で最低でも2分くらいかかったかも。
全レース買うとなると通話料もバカにならなかったのである。

銀行カードローンと組合の借金返済に追われ、携帯電話の料金も負担になった。

肝心の投資競馬成績は大負けはしないものの、大勝ちもしない。
なんとかプラスは維持していても、勝つ分より支払うお金のほうが明らかに多いから、時が経つにつれ経済状況が苦しくなっていく。

根っからのギャンブラーな枯れ男は、投資競馬とは別に重賞レースには大枚を投資した。
手元にあるお金は借金したお金なのに、借金を元手にお金を増やそうとして。

経済的に苦しくなってくると、賭けるお金が増してくる。
賭け金が大きくなるということは当たれば回収する金額も大きい。
また、見事に当たってお金が戻るたびに、「もっと儲けよう」という心が現れる。

メインレースで戻ったお金を最終レースへつぎ込むことも。
最終レースを買わなければ多額のプラスで終れることを、自らの行為によってゼロかマイナスにしてしまうことが多かった。

金の亡者となった枯れ男は、自らの手で自分の首を絞めていたのだ。
お金に対する欲望がコントロールできず、金銭感覚も破壊されていた。借金を肩代わりしてもらったことは頭の片隅にあるのだが、ギャンブルで勝って借金を返すことが自分の使命とまた考え始めた。
もうその使命にブレーキはきくことがなかった。

枯れ男の借金とギャンブルの暴露はこれが加速のスイッチ→banner_03.gif
応援ありがとうございました。
借金地獄「ギャンブル依存症」からの脱出|多重債務者の足跡

posted by 枯れ男|2006年11月11日 | Comment(4) | TrackBack(0) | 続・借金生活(借金安定期)

完全に再発のギャンブル依存|完全に消えることのないご都合主義

完全に再発のギャンブル依存|完全に消えることのないご都合主義

パチンコや競馬のギャンブルから離れないまま、いや、またもギャンブルに依存する生活がはじまっていた平成11年の6月に結婚式を迎えた。
みんなから祝福され、これからの門出をみんなが祝ってくれた。

なんとか借金を無くしたい。金の亡者である枯れ男の頭の中はこれだけ。
家族が大事なのに。

もちろん表向きには負けている素振りは微塵も見せない、競馬であたかも勝っているような振る舞いを続けていた。

馬券が外れても笑顔、心の中では泣いてるがその気持ちを「来週は挽回できるさ」という考えにすりかえて。
事実、投資的競馬だったので当たれば元かそれを少し超えるくらいの配分で馬券を買っていた。
悪いのは自分の予想で勝負にでること。時には半端じゃない額を馬券につっこむ。
大概、その馬券は外れることのほうが多かった枯れ男。

また、こんな馬券の買い方をしてたら勝てるはずもなく。
先週に3万負けてた。今週は日曜のメインまでで4万のプラスだ。
先週と合わせたら1万の勝ちではないか。
しかし、先週に負けていたことなんてその時点では頭の中から消え去っているから始末が悪い。

最終レースに3万賭けて見事に撃沈。終わってみれば先週との合計は2万の負けだよね。
でも、今週は1万勝てたからいいか。と思ってしまうのだ。
嫌なことは忘れてしまうご都合主義。
この繰り返しだからトータルで勝てるはずがないのであって。

借金したお金も底が見え始めるのに時間もそんなにかかることはなかった。
借金の返済を競馬に求めているが、やっていることは全然違うこと。

競馬で借金が返せたらという希望的な意識が強かったのかもしれない。
稀にまとまったお金が的中により舞い込むから勘違いしてたんだろうと今更ながら思う枯れ男です。

枯れ男の借金とギャンブルの暴露はこれが加速のスイッチ→banner_03.gif
応援ありがとうございました。
借金地獄「ギャンブル依存症」からの脱出|多重債務者の足跡

posted by 枯れ男|2006年11月12日 | Comment(4) | TrackBack(0) | 続・借金生活(借金安定期)

共依存かもしれない|借金肩代わりの代償

共依存かもしれない|借金肩代わりの代償

自分の借金を親が肩代わりしたことで、自分たちの生活になにかと両親が干渉するようになった。
同居しているとはいえ、全てにおいて監視されていた。

外出するにも、「何処へいく?」「何してきた?」と。
こんな生活にカミサンが嫌気を感じるのは当然のこと。
平成12年の初めのことである。
カミサンは塞ぎこむようになり、ついには実家へ帰ってしまったのである。

別居が始まった。が、自分も監視された生活に耐えられず、カミサンの実家に転がりこんだ。
カミサンの親父さんは多趣味なかたで、インターネットを使えるパソコンがあり、興味津々な枯れ男は時々ネットを使わせて頂いていた。

そんなある日のこと、パチスロで生計をたてるスロプロのサイトを見つけた。

設定判別やらリプレイハズシやらで、理論に基づき勝ちを追い求めるのである。
そんな話があれば自分もやってみようと思うギャンブラーがここにいた。

また、いつまでもカミサンの実家にお世話になるわけにはいかないので、一戸建の賃貸住宅を借りようと物件を探し始めていた。

両親には悪いが、自分たちの生活のほうが大事と思い考えた末の決断だった。
アパートを借りるということはお金がかかることでもあり、カミサンがパートで勤めることでなんとか家計を成り立たせることに。

しかし、裏では借金返済のために競馬を続けていた枯れ男。
競馬だけではなく、今度はスロプロ気取りでパチ屋に通い始めるのである。
今度は失敗したくない。自分の立ち回りを分析するために勝負日記を書き始めることにしたのだが。

続きを読む

枯れ男の借金とギャンブルの暴露はこれが加速のスイッチ→banner_03.gif
応援ありがとうございました。
借金地獄「ギャンブル依存症」からの脱出|多重債務者の足跡

posted by 枯れ男|2006年11月16日 | Comment(5) | TrackBack(0) | 続・借金生活(借金安定期)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。